Search Console(サーチコンソール)で見るべき項目

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Search Console(サーチコンソール)で見るべき項目
LINEで送る

Google Search ConsoleGoogle Search Console(以下サーチコンソール)とは、Googleが無料提供するサイト解析サービスです。現在の通称である「サーチコンソール」は、2015年5月20日にGoogle Webmaster Tools(ウェブマスターツール)から名称が変わりました。
理由についてGoogleは「Google 検索に関心を寄せるすべての人を対象としてサービスを提供するため」と説明しました。名称には「ウェブマスター」とあったものの、実際の利用者は小規模事業者からSEO専門家、マーケティング担当者、デザイナー、アプリ開発者などウェブマスターに限らず様々なジャンルのが利用していたのが現実で、AndroidアプリとGoogle検索におけるさまざまな統計情報を取得することができる機能が追加されたのをきっかけに名称も変えましょうということになったようです。
そのサーチコンソールでは、検索での見え方、検索トラフィック(オーガニック検索)、Googleインデックス(インデックス登録状況)、クロール(クローラー状況)、セキュリティ、スパム(SEOスパムなど)などあらゆる視点からサイト管理でき、パフォーマンス向上に役立てることができます。

 

サーチコンソールとアナリティクスの違い

もうひとつGoogleが無料提供するサイト解析サービスでGoogle Analytics(以下アナリティクス)がありますが両者にどのような違いがあるのでしょうか?
単純に言って

サーチコンソール=サイト流入前の状態を知ることができるツール
アナリティクス=サイト流入後の状態を知ることができるツール

ということができると思います。
以前「Google Analyticsで必要最低限見るべき項目」という記事でアナリティクスについては説明しましたので、今回はサーチコンソールの注意すべき項目について説明したいと思います。

 

サーチコンソールで見るべき項目

メッセージ

「メッセージ」では、サーチコンソールに登録しているサイトに何か問題が発生していないかを確認することができます。特に手動ペナルティが発進された際はこちらに必ずメッセージに届くので、まめにチェックしておくことをオススメします。
メッセージ
 

検索トラフィック>検索アナリティクス

サイトに訪問した方の検索クエリ(ユーザーがサイト訪問した時に入力したキーワード)ごとの検索結果でのクリック数、表示回数、クリック率、掲載順位、などが確認できます。
名称未設定 4
以前はアナリティクス を使えば「検索 キーワード」を知ることができましたが、検索結果のSSL化により、今は極々一部の情報しか閲覧できなくなってしまいました。そのため、サーチコンソールの検索アナリティクスが代わりとなる機能として必要性が高まりました。(①の部分に検索キーワードの上位のものが見れます)

 

検索トラフィック>サイトへのリンク

リンク数の最も多いリンク元(ドメイン)や、最も多くリンクされているコンテンツ(サイト内で最も被リンクが多いページ)、リンクのアンカーテキストなどの状況が確認できます。
サイトへのリンク
SEOにおいて、被リンクは今でも最も重要な要素の一つなので質の低いリンクが付いていないか定期的にチェックしておきましょうね。
 

検索トラフィック>サイトへのリンク内部リンク

サイト内のページごとの内部リンクの数が確認できます。
内部リンクも被リンク同様に重要なSEO要素のひとつです。
内部リンク
②の部分に内部リンクの多いページが順番にでることになります。サイトのTOPページが内部リンクも一番多くなるのが理想です。

 

Googleインデックス>インデックス ステータス

検索結果に表示される URL と、Google が別の方法で検出する可能性があるその他のURLの総数です。
ページの追加や削除に伴い、この数は時間の経過とともに変動します。インデックスに登録された URL の数は通常、クロール済みの URL の数よりも大幅に少なくなります。
インデックスステータス

 

クロール>Fetch as google

Fetch as googleで認識を早めたいページを指定することで、クローラーを通常より早く呼び込むことが可能です。
使い方はクローラーに巡回を促すページを入力して「取得」ボタンをクリックします。
次に遷移したページで「インデックス登録をリクエスト」をクリックすることで完了です。
Fetch as google
「インデックス登録をリクエスト」するポップアップで
「このURLのみをクロールする」ボタンチェックで月間500回、「このURLと直接リンクをクロールする」ボタンチェックで月間10回の申請をすることができます。

Fetch as google

Fetch as google

 

クロール>サイトマップ

ここでの サイトマップ は、XML サイトマップ を意味しています。
サイト内の各ページの URL や優先度の高さ、更新日などを記述したXML形式のファイルです。 クローラー に対して、サイトの構造を知らせることができます。
サイトマップ
サイトのリニューアルや多くのURLの更新をした場合はFetch as googleよりもサイトマップで申請をした方がクローラーが効果的に訪れるようになります。

 
 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Search Console(サーチコンソール)で見るべき項目
LINEで送る



関連記事

  • 内部リンク
  • キーワードツール
  • 無料なのに使えるSEOツール
  • Googleアルゴリズム更新チェックツール【2017年度版】
  • Googleトレンドからみた対策すべきキーワード!
  • 2017年10月17日 | コメント/トラックバック(0) |

    カテゴリー:SEOツール

    トラックバック&コメント

    この投稿のトラックバックURL:

    コメントをどうぞ

    *

    このページの先頭へ