アルゴリズム更新チェックツール

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アルゴリズム更新チェックツール
LINEで送る

今年に入り5月の下旬と8月の下旬にGoogleの検索順位でかなり大きな動きがありました。
5月の変動はペイデイローンアップデート2.0とパンダアップデート4.0の影響だろうといわれましたが、うちの業界(供養関係)では大した動きはみられませんでした。
8月のものに関しては結局、最終的に変動前の検索順位に戻るということが多かったので単純にGoogleのアルゴリズムの仕様変更のテストだったのだろうといわれています。

そんな感じで今年は今のところSEO業者や企業のWEB担当者が慄然とするようなアルゴリズムの更新はされていない模様ですが、近いうちに導入されるであろうペンギンアップデート3.0には注意が必要です。

ペンギンアップデートとはブラックな(スパム)対策をしているWebページの検索順位を下げるアルゴリズムで、主に自作自演や質の悪い被リンクにより上位表示しているサイトが対象となります。
コンテンツ自体の質を判断するのではなくスパム行為に対するアルゴリズムなので白黒がハッキリしているのが特徴です。(怖いですね~笑)

もしもサイトの検索順位が大きく下がったりしたら自社のサイトだけのもの(手動ペナルティ?)なのか、アルゴリズムの変更によるもの(自動ペナルティ)なのか確認したくなりますよね。
そんなときに一つの指標として使えるのがアルゴリズム更新チェックツールになります。
アルゴリズム更新チェックツールを使うことで検索結果全体で動きがあったのかどうかを知ることができます。
ということで今回はアルゴリズム更新チェックツールをいくつか紹介したいと思います。

 

晴練雨読 Yahoo!とGoogleの検索順位変動の異常値ウォッチャ

「Yahoo!とGoogleの検索順位変動の異常値ウォッチャ」はSEO関係者なら知らない人はまずいない住太陽(すみもとはる)氏が運営するSEO情報サイト「晴練雨読」の中にあるコンテンツです。
元々はGoogleとYahoo!で別個のデータを掲載していたのですが、Yahoo!がGoogleの検索アルゴリズムを使用するようになってからは単一データのみの表記となりました。
データ自体は1時間毎のものになりますので、かなりリアリティを感じられます。
(以下全ての画像はクリックで拡大します)

Yahoo!とGoogleの検索順位変動の異常値ウォッチャ

上は今年の5月(左側)と8月(右側)の動きがあった時期のものになります。
「異常時の判定」の部分の実測値/閾値の数字が1以上で異常値となりますが、それぞれの時期でかなり精巧な値をとらえていたという実感がありました。
『簡単な判定ロジックで処理をしていますので、判断を誤る可能性があることをご承知おきください。』とページ上にありますが、私感としてかなりの精度があるのではないかと思っています。

Yahoo!とGoogleの検索順位変動の異常値ウォッチャ→http://www.seiren-udoku.com/yahoo_dance_check_log.html

 

namaz.jp

こちらは様々なSEO関連ツールを提供している札幌のSEO業者の株式会社ディーボによるものです。
Google変動アラートメールで登録で大きな変動があった時はメールで教えてくれたり、TwitterやFacebookでアカウントをフォローすると定期的に現在のGoogle変動をツイートしてくれたりといたれりつくせり(?)のサービスが受けられます。

namaz.jp

上の5.1位で安定というのは今現在の変動幅で6.7位以上で不安定、10.0位以上で大変動となります。
こちらも5月下旬と8月下旬に動きが激しかったことがわかると思います。(赤枠部)
棒グラフのデフォルト期間は6か月ですが2週間、3カ月、6カ月、1年と期間を変更して見ることも可能です。

namaz.jp→http://namaz.jp/

 

Growth Seed 順位変動率モニタリングツール

「Growth Seed 順位変動率モニタリングツール」はSEO業者では数少ない上場企業である株式会社フルスピードが提供するサービスです。
Growth Seed 順位変動率モニタリングツール

①の部分を左右にスワイプすることにより期間を設定できるようになっています。
やはりこちらでも5月下旬と8月下旬の変動が際立っているところをみるとちゃんと計測されているんですね。

順位変動率モニタリングツール→http://growthseed.jp/seotools/volatility/

 

Algoroo

「Algoroo」はオーストラリアのSEO関連企業であるDejan SEO Pty株式会社が提供するツールになります。
Algoroo

②の部分を左右にスワイプで期間設定できるという部分と棒グラフの見た目は本当に順位変動率モニタリングツールと似ています。(こちらが本家?)
特徴として2年前までの期間を見れることと、棒グラフの上にその時期にどういったアルゴリズムの更新が行われたかが記述されていることです。
このツールで過去半年の大きな更新時期をみると5月中旬、8月上旬、8月下旬となっていて日本の検索結果の大変動と若干のずれがあります。(赤枠参照)
やっぱり日本とオーストラリアではアルゴリズム更新の時期が違うんでしょうね。

Algoroo→http://algoroo.com/

 

MozCast

「MozCast」は被リンクチェックツールとして有名なOpen Site Explorer を運営しているアメリカのMoz社が提供しているアルゴリズム更新チェックツールで結構ユニークです。
というのもこちらのツールは変動の状況を天候で表してくれるからです。
変動があまりない時は晴れ、変動が大きい時は雷や雨のマークが表示されます。
過去1ヶ月のデータしか表示されないのが残念です。
MozCast

MozCast→http://mozcast.com/

 

アルゴリズム更新チェックツールまとめ

個人的に一番好きなツールは「Algoroo」ですが日本のGoogle検索のアルゴリズムに同期していなさそうなのが難点ですね。

自社サイトの検索結果で特に動きがなければ特にアルゴリズム更新チェックツールを見る必要もないと思いますが、異常を感じたら毎時間更新される「Yahoo!とGoogleの検索順位変動の異常値ウォッチャ」を確認してみたらいいのではないでしょうか?
また、普段からよくSNSを利用する方なら「namaz.jp」のアカウントをフォローするのもよいかと思います。

 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アルゴリズム更新チェックツール
LINEで送る



関連記事

  • パンダアップデート4.0と ペイデイローンアップデート2.0で5月後半に大変動!?
  • サイト診断ツール
  • キーワードツール
  • 「Yahoo!エンディング」サービス開始のお知らせ
  • ヤフー株式会社と情報提供契約を締結しました。
  • 2014年10月16日 | コメント/トラックバック(0) |

    カテゴリー:SEOツール

    トラックバック&コメント

    この投稿のトラックバックURL:

    コメントをどうぞ

    *

    このページの先頭へ