SEO用語集

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - SEO用語集
LINEで送る

新規で掲載する記事に使用しているSEO用語は随時あげていきていと思いますので、内容が充実するまで少々お待ちください。(´・ω・`;)

あ行

IPアドレス

インターネットやイントラネットなどのIPネットワークに接続されたコンピュータや通信機器個々に割り振られた識別番号のことをいいます。

App Indexing

WEBのURLやキーワードとアプリの特定画面へのディープリンクを紐付け、Googleの検索結果から直接アプリの特定画面を起動させるための仕組みになります。

アルゴリズム

(検索)アルゴリズムとは、インデックスされているWebページをランキングし、リストアップする為に検索エンジンが使う一定のルールのことをいいます。googleのブログで、ある技術者が「googleでは一年で500回以上アルゴリズムの調整をおこなっている」と最近語っていました。

アンカーテキスト

WebページのHTML文書の中でリンク(ハイパーリンク)が設定された文字列のことをいいます。

葬儀屋さんのSEO対策なら“葬儀社のためのSEO

上のような場合「葬儀社のためのSEO」という文字列をアンカーテキストというわけです。

AMP

GoogleとTwitterが共同で立ち上げた「Accelerated Mobile Pages Project」のオープンソースプロジェクトでモバイル向けに最適化し、高速に読み込んで表示できるコンテンツを作成できるフレームワークになります。Googleはモバイル検索においてAMP対応ページの表示を2016年2月24日から開始いたしました。

ヴェニスアップデート

ローカル要素の高いキーワードに対して位置情報を加味して検索結果を表示するというアルゴリズムです。
これにより地域性が重きを持つキーワード(葬儀社、仏壇店、石材店など)については、地域を明示して検索しなくても、現在地に応じて検索結果が調整されるという仕組みです。

XMLサイトマップ

Webサイト内のページを検索エンジンのクローラーに知らせることができるURLのリストをいいます。

MEO

MEOとはMap Engine Optimizationの略で地図検索最適化のことです。
元来Googleプレイス(Googleマップ)での上位表示対策のことを指していましたが、今後はYahoo!ロコへの対策も合わせMEOといわれる様になるでしょう。

か行

canonical

rel=“canonical”のコードはページ内容が類似、重複しているURLが複数存在する場合に、検索エンジンからのページ評価が分散されないよう、正規のURLがどれなのかを検索エンジンに示すために用いる記述になります。。

クローキング

Webサーバに細工を施し、検索エンジンの巡回ロボット(クローラー)には一般の閲覧者とは異なる内容のWebページを見せることをいいます。
検索エンジンでの順位を上げるためにキーワードを不自然に多く入れるといった改変をWebページに施し、一般ユーザには見せずに検索エンジンだけに選択的に送信する手法で検索エンジンに発見されるとペナルティを科されます。

クローラー

検索エンジンを巡回し、Web上の文書や画像などを定期的に取得し、自動的にデータベース化するプログラムを指します。「ロボット」や「スパイダー」と呼ばれることもあります。

さ行

サイトマップ

一般的にはWebサイト内のページ構成を一覧できるようにした案内ページのことをいいます。各ページへのリンクがある場合が殆どです。
またサイトマップといっても、sitemap.xmlは検索エンジンに、自分のサイトのURLを認識してもらう為に設置するものです。検索エンジンのクローラーは、Webページのリンクをたどる事によって新しいWebページを発見するのですが、存在するページのリンクを全てたどるかどうかはわかりません。
ですので、sitemap.xmlを作成して、検索エンジンに報告する事は重要な意味があるのです。

スニペッド

検索エンジンで検索をした際に、検索結果のページタイトルの下に表示される要約文のことです。googleの場合、通常のスニペットはメタディスクリプションが表示されることが多いのですが、メタディスクリプションが記述されていないけれど、本文中にはそのキーワードがあるといった場合はそのキーワード周辺の文章がスニペットとして表示されることがあります。

た行

トラッキング

元々トラッキングとは「追跡」の意味ですが、Webでは特定のユーザーのサイト内での動きを分析する際に使われる言葉です。アクセス解析ツールなどを用い、Webサイトに訪問した人が、どの入口から訪れどのページを経由してコンバージョンに結びついたのかを調べることで、広告の費用対効果などを図ることができます。

な行

ナビゲーション

一般的にWebにおけるナビゲーションとは、ユーザーが目的ページへたどり着けるように手助けする機能のことを言います。
サイト内の階層を表す「パンくずリスト」や関連情報への「リンク」や「サイトマップ」等がナビゲーションといえます。Webページ内の全てのページに共通して表示されるリンクメニューは「グローバルナビゲーション」と呼ばれます。

nofollow属性

リンク先にリンクジュース(ページ評価)の受け渡しを無効化できる属性のことになります。

は行

パンダアップデート

パンダアップデート(ファーマーアップデート)とは、2011年2月25日に米Googleで実施された大規模なアルゴリズムアップデートのことをいいます。これにより他のページのコピーを集めただけのようなサイトや広告ばかりのサイトは検索順位を落とし、コンテンツの充実しているサイトの検索順位は上がりました。日本ではまだ導入されていないのですが、導入は時間の問題だといわれています。
ちなみに名称の由来はPanda(パンダ)というエンジニアが中心になり、このアルゴリズムが開発されたからだそうです。

ペイデイローンアップデート

スパムサイトが横行して上位表示を占領しているようなキーワードの検索結果からスパムサイトを消去して、すっきりと利用者のためになるサイトだけを並べましょうという趣旨のアルゴリズムです。
こちらはGoogleの関係者が命名したものではなく、米のSEO関連業者の一人が命名したものではないかといわれています。

ページランク

ページランクとは、google独自のWebページの重要性を決定する尺度です。Webで他ページからのリンクを受ける(被リンク)ことにより定められます。但し被リンクが多ければそのWebページのページランクが上がるというものではなく、googleから高い評価を受けているWebページからのリンクされることが重要になります。
なおページランクは、google toolbar(グーグルツールバー)をインストールすることで見る事ができるようになります。

ペンギンアップデート

Googleの公式発表では「WEBスパムを排除し質の高いコンテンツを持ったサイトを評価するためのアルゴリズム更新」とのことですが、実態は主に被リンクに関するスパム行為の取り締まり的なアルゴリズムになります。

ま行

ミラーサイト

ミラーサイトとは、ニュースサイトやダウンロードサイトなどで、アクセス数の急激な増加に伴うトラフィックの増加やサーバ負荷の増加に対応するために設定されるオリジナルのWebサイトと同じ内容を持つサイトのことをいいます。集客もしくはSEO目的のためにミラーサイトを作ることは現在では効果がないばかりかスパム扱いされることがありますので止めましょうね。

モバイルフレンドリーアップデート

WEBページがスマホ対応しているかどうかをランキングシグナルとして使用するアルゴリズムになります。このアルゴリズムにより、Google的に同じレベルの内容のページでもスマホ対応していないページはスマホからの検索では検索順位が下がることになります。

や行

ユーザビリティ

Webサイトの利用者から見ての使いやすさ、分かりやすさ、心地よさのことです。
サイトを訪れたユーザーがサイト内で迷うことなく目的のページにたどり着ける、サイト全体で決まった場所にナビゲーションがある、読み込み時間が早いなどストレスを感じずサイトを閲覧できるようなサイトをユーザビリティが優れているといいます。
利用目的がある程度決まっている、葬儀社のWebサイトではユーザビリティが非常に重要になります。

ら行

リダイレクト

Web上で、あるURLから他のURLに転送することを(HTTP)リダイレクトといいます。本来リダイレクトとは、訪問したサイトやWebページが移転していた場合に、最新のサイトやWebページの場所を伝える目的のものです。インターネット利用者が予期しないであろうWebページに転送されるリダイレクトは、検索エンジンスパムと判定されることがあるので設定の仕方には注意しましょう。

リンク否認ツール

Googleがウェブマスターツールが提供している機能のひとつで、サイトに対するバックリンク(被リンク)を否認することができるツールになります。
Google自体からは、スパムの疑いのあるリンクや低品質なリンクが原因でペナルティを受けている可能性があれば、使うことを推奨するとのことです。

リンクファーム

検索エンジンの上位表示のみを目的として、コンテンツの関連性なしで不自然に大量のリンクを互いに張り巡らせているサイト群をいいます。相互リンクと違いシステムにより構築されているのが特徴です。

わ行

ワードサラダ

一見すると文法的に正しいように見えるが、よく読んでみると単語をでたらめに並べただけで意味が通らない文章のことをいいます。コンピュータにより自動生成され、衛星サイトのページにメインのWebサイトの関連用語を使った文章を作るために利用されることが多いようです。
検索エンジン(google)のアルゴリズムは日々進化しています。ワードサラダを使って衛星サイトを作成しているような業者を利用しているとそのうちに痛い目に遭いますので早いうちに手を切りましょう。

 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - SEO用語集
LINEで送る

2011年10月2日

このページの先頭へ