検索エンジンシェアでGoogleはYahoo!を超えたのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 検索エンジンシェアでGoogleはYahoo!を超えたのか?
LINEで送る

10年ほど前、WebやSEOのセミナーに参加すると講師の方から「近いうちに検索エンジンのシェアはGoogleがYahoo!を超えることになるでしょう」とよく聞いたものです。その当時はYahoo!とGoogleの検索利用数比に関して4:3程度でYahoo!利用者が多いと云われていました。

Yahoo!JAPANは2004年よりそれまでのGoogleの検索エンジン利用を止めて独自の検索エンジンYSTを採用、このYSTなるもののアルゴリズムが結構単純なものでSEO業者に攻略されまくりました。
結果、WebやSEOに詳しい方は利用者が求めるサイトを上位に表示できないYahoo!の検索エンジンはだんだん利用する人が少なくなるんじゃないかと思ったわけです。
結局Yahoo!JAPANはYSTを捨てて2010年からGoogleの検索エンジンを再度用いるようになり今日に至るわけです。

それでは今現在、Webの専門家が以前に云われていたようにGoogel検索がYahoo!検索を超えるようになったのでしょうか?アウンコンサルティングが2015年度の国内検索エンジンのシェアのデータを取得しているようなのでそちらから紹介したいと思います。アウンさんって昔はSEO業者の先駆者的な立ち位置だったのですが、最近は(特に東南アジアの)マーケティングやリサーチに力を入れているみたいですね。

 

デバイス全体

デバイス全体の検索シェア
「ググる」という言葉はあっても「ヤフる」というのは聞いたことないのですが、やはりいまだに検索エンジンを使う方は日本ではYahoo!の方が多いんですね。
私なんかはどうせオーガニック検索部分の並びが変わらないならGoogleを使えばいいのにと思いますが、日本人にはTOPページを見ればニュースや天気予報も見れる雑多さがいいんでしょうね。
他のデータによると男性よりも女性の方が、若者より年配の方がYahoo!を好んで利用されるようです。

 

PCからの検索

PCからの検索シェア
こちらはタブレットも含んだ数字となります。PCからの検索だとますますYahoo!が優位になります。
ちなみにBingからの検索割合が若干増えているのはInternet Explorer (IE) のデフォルトの検索エンジンがBingなんだからですよね。
 

スマホからの検索

スマホからの検索シェア
スマホ検索となるとGoogleとYahoo!のシェアが逆になります。このことはiPhoneの標準プラウザであるSafariにおいてデフォルト検索がGoogleだという部分が大きいのだと思います。
それに今やスマホのYahoo!JAPANのTOPページなんてニュース系アプリのようですので単純に検索だけしようとするならGoogleになっちゃいますよね。
本来ならスマホ検索においてならGoogleがもっと圧倒的なシェアを占めてもよさそうなもんですが、約半数のシェアしか取れていない理由については最後に紹介いたしますね。

なお、スマホからの検索でその他が多くなっているのはdocomoのDメニューからの検索流入とかがあるからとなります。ちなみにdocomoDメニューからの検索エンジンはGoogleのものを採用しています。
 

供養関連サイトの場合

GoogleとYahoo!でサイトの種別により大きく検索数が変わったりします。IT系のサイトではGoogleからの検索が圧倒的に多かったりするのですが、弊社が運営するような供養系サイトにおいては通常より若干ですがYahoo!からの検索が多いというのが普通です。(墓や仏壇絡みのキーワードで若者が検索することは少ないでしょうからね)
下のグラフは弊社が運営するあるサイトの全セッションに対するこの10年間のYahoo!検索とGoogle検索の割合になります。両者の割合関係がこの10年間で殆ど変わっていないのがわかると思います。
ちなみにこちらは広告関係は一切出稿していないサイトとなります。

※2016年は1月1日から9月14日までの数値となります。

10年間のYahoo!とGoogleのセッション割合

 

「検索エンジンシェアでGoogleはYahoo!を超えたのか?」まとめ

10年前にWebの専門家がよく云っていたように検索シェアにおいてGoogleがYahoo!を上回るということはどうやらなかったようです。
たまたま3年半ほど前に「お墓」というキーワードでのスマホ検索ページをキャプチャしていたので、本日(2016年9月14日)の検索結果と並べて紹介したいと思います。
どちらも赤枠部分がオーガニック1位のサイトです。3年以上前はリスティング広告(AdWords )2件のみがオーガニックの上にあっただけなのですが、現在においてはまずリスティング広告4件がありその下にGooogleMap絡みの掲載が3件ありその次にやっとオーガニック1位のサイト(いいお墓)が登場することとなります。Yahoo!でもスマホ検索でヘッダー部の広告が3件だけなのに、いつの間にGoogleは儲け主義になったんでしょうね。(汗)

この表示状態なら利用者はオーガニックに辿り着く前に離脱しそうです。
スマホ検索が過半数となった今、オーガニック検索がこれだけ虐げられたらGoogle検索からの訪問者が増えないというのも至極当然ですよね。

「お墓」スマホ検索

 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 検索エンジンシェアでGoogleはYahoo!を超えたのか?
LINEで送る



関連記事

  • GoogleとYahoo!で検索順位が違う際の規則性
  • Yahoo!検索の多様化でSEOは終わるのか!?
  • GoogleとYahoo!の検索結果が完全一致!?
  • 3年前とどれだけ違う?GoogleとYahoo!の検索結果ページ
  • Yahoo!虫眼鏡SEOいまだ健在なり!?
  • 2016年9月15日 | コメント/トラックバック(0) |

    カテゴリー:SEO一般

    トラックバック&コメント

    この投稿のトラックバックURL:

    コメントをどうぞ

    *

    このページの先頭へ