イマドキのSEO対策ってどうよ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク -  イマドキのSEO対策ってどうよ?
LINEで送る

一昔前(2012年頃)までのSEO業者の施策といえば外部対策、特に検索順位を上げたいサイトに被(外部)リンクを付けるということが主な作業でした。SEOにとって被リンクは手っ取り早く効果が出る手段だったので当然といえば当然で、現在はクリーンそうな顔をしている業者も殆どは被リンクに関する対策がメインでした。
ちなみに当時よく使われていた手口は以下のようなものでした。

・IP分散サイトからのリンク
・無料ブログからのリンク
・リンク集に登録
・相互リンク

これらは要するに同一の者による仕業(SEO目的だけの被リンク)だと思わせないようにするものだったのですが、2012年のペンギンアップデート辺りからGoogleに騙しが効かなくなってきました。
また

・隠しテキスト
・クローキング
・ワードサラダ

などあからさまなスパム行為に関してもペンギンアップデートと同時期に施行されたパンダアップデートなどにより次第に通用しなくなっていきました。
通用しないだけならまだしもこれらのスパム行為にGoogleはペナルティを課し、酷い場合は検索結果にページが出てこなくすることもありました。(今でも同様ですが)
被リンクによるペナルティ解除のために施行したSEO業者にリンクを外すようにお願いしたら、リンクを付けるより外す作業の方が大変だと言われ大金を請求されたということも当時は話題になったものです。

ペンギンアップデートの影響でSEO業者も徐々にリンクを売るということが少なくなり、今でもリンクを販売している業者はごく一握りとなりました。
それでは今、SEO業者はどのような対策を施しているのでしょうか?イマドキ注意すべきSEO対策とはどういったものなのでしょうか?
今回はそれらをまとめてみました。

ペナルティ

 

コンテンツマーケティング

それまで被リンク対策がメインだったSEO業者の多くが現在はコンテンツマーケティングを売りにシフトしています。
それではコンテンツマーケティングとは一体何なのでしょうか?
アメリカの団体「コンテンツマーケティング・インスティチュート」によると以下のように定義されています。

コンテンツマーケティングとは、訪問者にとって価値があり適切であるコンテンツを継続的に製作して配信することにフォーカスした、戦略的マーケティングのアプローチになります。コンテンツは明確に定義されて訪問者を引きつけ、関係を維持し、最終的には利益となる行動を促すのです。

簡単にいえば「読み物や動画、アニメなどあらゆる手法を継続的に更新し集客して、売りたい商品を認知してもらって買ってもらう」ということでしょうか?Webサイトと関連したオウンドメディアなどがいい例ですね。

代表的なものでは
suumoジャーナル
ベネッセ教育情報サイト
経営ハッカー
などがあります。

ここで注意したいのがもちろんコンテンツの内容です。
SEO業者に記事の作成やオウンドメディアの制作を頼んだ場合、クラウドソーシングで外部ライターによる記事作成となることが殆どだと思われますが、若干特殊な業種である私たちの業界に通じているライターってそんなにいる訳ないですよね。前に葬儀社や石材店、仏壇店で働いていた方が今はフリーランスでライターをしているなんてそんなにいないはずです。

Webの記事に関しても今は量より質の時代です。慣れない文章作りに負荷と工数は大きくなると思いますが、現場を知っている人の知識に勝るものはないのです。医療系キュレーションメディア「WELQ」が大炎上したのを反面教師として、コンテンツ作成は業者や外部ライターまかせにせずにブランディング向上のためにも社内の人間がするのが一番です。

なお今現在、検索順位が上位表示されているページでもそのまま放置だと必ずズルズルと下がっていきます。
書きあげた当時と今現在とで内容に相違が出ている場合はもちろんですが、そうでなくても随時コンテンツの追加及び一部入れ替えをして記事のフレッシュさを損なわないようにしましょう。

執筆

 

モバイルファーストインデックス

昨年末にGoogleからアナウンスされたモバイルファーストインデックスですが、実施時期が未だ発表されておらず来年にまでずれこむのではないかという噂もあります。
ですが、いずれにしても近い将来にGoogleの検索アルゴリズムはスマホサイトのコンテンツを重要視することは間違いないので、スマホサイトがないWebサイトは早急に対応することが急務となります。
これからWebサイトを構築しようという場合はレスポンシブWebデザインをおすすめしますが、必ずしもSEOに有利になるわけでなく、また以下のようなデメリットもありますので慎重に検討してください。
レスポンシブWebデザインの短所

1)スマホサイトで重くなる可能性がある
スマホからみてもソースデータがPC版と同じで大きいので読み込み速度が遅くなるかもです。
2)制作費が安い訳ではない
PC版とスマホ版でソースが同じで1つだからその分安くなりそうだと思われそうですが、横幅などの切り替えの対応に手間がかかる分、別個で制作するより高くなることが多いです。
3)スマホ版のデザインに制約ができてしまう
特に大規模なポータルサイトでは色々問題が起こることが多いです。1つのHTMLファイルやCSSからPC・タブレット・スマホのどれも完璧なデザインが実現できるとは限りません。

※下は弊社が先日リニューアルした「遺品整理なび」でレスポンシブWebデザインとなっています。

遺品整理なび

 

被リンク

5年前からGoogleから徹底的に取り締まられている外部リンクですが、今でも検索順位決定の重要な指標であることに変わりはありません。
自作自演といっても自社のサイト同志がリンクしあうのも関連サイトなら全然問題ないですしコーポレートサイトが自社の運営するポータルサイトにリンクを貼るのなんて至極当たり前のことですよね。
要するにコンテンツの充実したサイトからなら正々堂々と発リンクしたり、リンクしあっても問題ありません。
また、SNSでの発言やツイートの中にあるページリンク自体はリンクとしての評価はされませんが、それをブログなんかで紹介されると有効な被リンクとなることもあります。
なによりSNSは人の目に触れることにより拡散される可能性があるので、自社で重要なWebサイトにはFacebookページやTwitter、Google+などのアカウントを作って新着情報などがあった場合は随時更新することが効果的となる場合が多々あります。

SEO

 

「イマドキのSEO対策ってどうよ?」まとめ

前述したように供養(終活)業界に携わっている企業や団体なら敢えてSEO業者やクラウドワークスに記事を依頼するということはよっぽど物書きが苦手でない限り必要ありません。
また現在の状況では被リンクを業者にお願いするというのも不要でむしろ怖いですよね。
ということで今、Web担当者がやるべきことは

1)地道に記事を書きあげる。
ある程度の文章の長さは必要です。
2)作った記事をSNSで拡散する。
Instagramもやっておいたほうがいいです。
3)スマホサイトがなければ早急に作る。
必ずしもレスポンシブでなくて大丈夫です。

となります。
昔のようにWebサイトを作って1ヵ月でビッグキーワードなのに1ページ目までくるなんて今はありえません。地道にコツコツ頑張りましょうね。

千里の道も一歩から
 
 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク -  イマドキのSEO対策ってどうよ?
LINEで送る



関連記事

  • 検索エンジンの歴史と進化&折々のSEO対策
  • これは使える!AdWordsの「有料広告とオーガニック検索レポート」
  • パンダアップデート4.0と ペイデイローンアップデート2.0で5月後半に大変動!?
  • GoogleとYahoo!で検索順位が違う際の規則性
  • モバイルファーストインデックス導入でSEOはどう変わる?
  • 2017年5月16日 | コメント/トラックバック(0) |

    カテゴリー:SEO一般

    トラックバック&コメント

    この投稿のトラックバックURL:

    コメントをどうぞ

    *

    このページの先頭へ