どっちを利用ショ? 独自ドメインVS無料ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - どっちを利用ショ? 独自ドメインVS無料ブログ
LINEで送る

「ブログは独自ドメインでやるのと無料ブログとではどちらがいいんですか?もし無料ブログならどこがいいですか?」
無料ブログ
これはブログが流行り始めた頃からよく聞かれた質問です、最近もクライアントや弊社の社員から聞かれることがありました。一概にブログといっても個人の日常をお知らせするようなブログや企業情報を発信するブログなど用途によって状況は違ってきます。
またここ数年でブログを取り巻く事情もかなり変わってきているのでまず独自ドメインと無料ブログサービス其々のメリット、デメリットを紹介してみたいと思います。

※ちなみに当ブログは「sogiysa.net」というドメインを使った独自ドメインブログになります。

 

独自ドメイン

独自ドメインのメリット

・サイト削除の心配がない
ドメイン自体は所有者のものですから、サイトがなくなることはありません。もしサーバー側でトラブルがあっても別のサーバーに変えればURLが変わることもありません。

・信頼度が高くなる
無料ブログサービスを使っていると運営費をケチっていると思われたり、サイトを構築する技術がないと思われたりしちゃうかもですね~(笑)

・強制的な広告表示がない
当たり前のことですが、結構重要です。こちらに関してもサイト(ブログ)の信頼度に関係してくると思います。

独自ドメインのデメリット

・費用がかかる
これが一番大きいというかデメリットの全てではないでしょうか?
ドメイン代とサーバー代の運営費以外にページ制作費とシステム構築費がかかります。
なお、企業サイトやポータルサイトなど今現在運営しているWEBサイトのドメインの下層ページにブログを置くならドメイン代とサーバー代が別にかかるということはありません。
またWordPressを使うことによりページ制作費とシステム構築費を軽減したり、ある程度WEB制作の知識がある人なら費用ナシにすることも可能です。

 

無料ブログサービス

無料ブログサービスのメリット

・費用がかからない
やっぱりこの部分が一番のメリットですよね~

・いきなりのアクセスアップも可能
主な無料ブログサービスにYahoo!、はてな、アメブロ、ライブドア、FC2などがありますが、記事がそれぞれのブログのTOPページの新着情報などで取り上げられたりするといきなりアクセスが急増したりすることがあります。
また、ブログサービス内の「読者」「お気に入り」などの機能で、自社ドメインでは獲得し得なかったユーザー層と接点を持つことも可能になります。

・htmlの知識不要で運用可能
管理画面より簡単に投稿することができます。また、サービスによってはカスタマイズも一発で出来たりします。

無料ブログサービスのデメリット

広報ブログ・アカウント削除の可能性がある
規約違反でアカウントを削除されるということもありますが、ブログサービス自体が突然終了なんてこともあります。(事例をいくつか知っています)

・強制的に広告が表示される
殆どの無料ブログサービスはページのいい部分に大々的に広告が表示されます。まぁ、運営側も広告収入によりサービスを提供できるので仕方ないですよね。
但し、はてなやアメブロやFC2などは有料プランで広告を非表示にすることができたりします。
右は弊社(鎌倉新書)の広報担当ブログです。
はてなブログを使用しているのですが、有料版なので広告が表示されていません。

 

SEO的観点による比較

検索順位の上がり易さ

アマゾン 本無料ブログサービスといってもYahoo!やはてな、アメグロ、FC2などはドメイン自体の信頼度が高く、ユーザーがブログを開設したページはその親ドメイン直下のディレクトリやサブドメインといったところに作られるので、それだけでかつては親ドメインからの恩恵を受けることができたものでした。
こちらの部分に関しては新しいドメインから始めるブログとは大きな違いですね。

ここで注意したいのがGoogle検索結果に表示される1ドメインあたりのページ表示数が限られているということです。
こちらに関してはGoogleのアルゴリズムの変更により検索結果で表示されるのが1ドメインで1ページだけだったり2ページまでだったり4ページまでだったりします。※
このことが何を指すかというと、はてなやアメブロなどのブログをせっかく開設をしても「葬儀」「お墓」「仏壇」などのビッグキーワードでは検索結果に一切でてこないというのが普通だということです。(サブドメイン型のブログサービスなら若干違うでしょうが)
その点、独自ドメインのブログなら役に立つ記事を随時発信することでビッグキーワードであっても少しずつ検索順位は上がることでしょう。

※反例ですが「Amazon 本」など圧倒的なシェアと見なされる検索クエリには、殆ど一つのドメイン(amazon.co.jp)が検索結果を占領するということもあります。
右上図参照、リスティングからオーガニックの9位までamazon.co.jpドメインページとなります。

被リンク媒体としての効果

何年か前に無料ブログを被リンク媒体として使う手法が流行ったことがありましたし、それを専門に扱うSEO業者も存在しました。
しかし、あまりの自作自演の被リンク利用のされ方に、Googleがある無料ブログサービスのそのドメイン自体にペナルティを課したこともありました。
そんなこともあり外部リンクに強制的にnofollw属性(ページ評価の受け渡しを無効化)を付けるブログサービスがこの2年ほどで増えました。
また親ドメインにいくら権威がありnofollw属性がなくても、無料ブログサービスからの被リンクを今現在ではGoogleはかつてほどは評価しなくなりました。

 

「どっちを利用ショ? 独自ドメインVS無料ブログ」まとめ

前述の広報ブログのように弊社も以前は被リンクの恩恵目当てに他社のブログサービスを利用していたものですが、今となってはコーポレートサイトやポータルサイトに関係するブログなら絶対サイトのドメイン直下にブログを設置するべきです。なによりWEBサイトと関連性のある記事を溜め込むことでコンテンツが充実しますし、如いてはもっとも堅実なSEO対策になります。

無料ブログサービスの難点は、いくらよい記事を書いてもそのコンテンツがそのブログの親ドメインの資産にしかならないということです。
但し、個人の趣味のブログならそのサービスを利用しているユーザーとのコミュニケーションも取れるので全然無料ブログで構わないと思いますよ。

 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - どっちを利用ショ? 独自ドメインVS無料ブログ
LINEで送る



関連記事

  • ビッグキーワードとスモールキーワード
  • ナレッジグラフの影響でGoogle検索はウィキペディアだらけ?
  • 有料ディレクトリサービスは今…
  • モバイルフレンドリーでSEO業者は大ピンチ!?
  • GoogleとYahoo!で検索順位が違う際の規則性
  • 2015年9月16日 | コメント/トラックバック(0) |

    カテゴリー:SEO一般

    トラックバック&コメント

    この投稿のトラックバックURL:

    コメントをどうぞ

    *

    このページの先頭へ