被リンクなしでの上位表示は可能なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 被リンクなしでの上位表示は可能なのか?
LINEで送る

一昔(6年以上)前のSEO業者の主な仕事といえば自作のサテライトサイトや無料ブログから対策サイトへの被リンク装着やリンクファームへの登録でした。実際問題、被リンク先の質と量により新規オープンのサイトといえどビッグキーワードで公開1ヵ月も経たずに1ページ目にまで上がることが普通にあったものでした。(特にYahoo!JAPANでは)
しかしながらその後、Googleのスパム対策が強化されペンギンアップデートなどにより自作自演の被リンクがペナルティを受けるようになり通用しなくなりました。
最近ではなんと被リンク対策を特別しなくてもビッグキーワードで上位表示されることが多くなりましたので、被リンクチェックツール(http://hanasakigani.jp/)を使ってビッグキーワードの検索上位サイトの被リンク数の様子を見てみましょう。

 

キーワード「お墓」

被リンクチェックツール
hanasakigani(http://hanasakigani.jp/)を開いて「競合サイト被リンクチェック」タブをクリック(①部)、キーワード(②部、ここでは「お墓」)とマイサイトのURL(③部、ここでは「https://www.e-ohaka.com/」)を入れて「もう一度チェックする」ボタンをクリックしますとしばらくして以下のような画面となります。
お墓 検索順位
お墓 検索結果ランキング入りしているページを簡単に説明すると、

1位-石長という石材店のコーポレートサイトのドメイン配下にあるオウンドメディアのコンテンツページ
2位-全優石という墓石関係の社団法人のコンテンツページ
3位-昔「葬儀サポートセンター」を運営していたアクトインディという会社が運営する葬儀後案内サイト「エンディングパーク」のお墓のページ
4位-「お墓はなくてもだいじょうぶ」という知識系サイトのTOPページでタイトルタグがHOMEで始まっているところからもWeb(SEO)に特別詳しい訳でもないのがわかります。
5位、6位-はせがわのお墓探しのジャンルと地域それぞれのインデックスページ
7位~9位-弊社(鎌倉新書)が運営する「いいお墓」のTOPページとジャンル及び地域のページ

被リンク数(⑤部)に注意してみると、明らかに対策していそうなのは4位の「お墓はなくてもだいじょうぶ」と8位の「いいお墓」のページくらいです。さすがにどちらもサイトのTOPページとなります。この2つのページ以外は下層ページなのですが、6位のはせがわの霊園地域検索ページと9位の「いいお墓」東京都中央区の霊園一覧ページにいたっては1件も被リンクがありません。
今やビッグキーワードといえど被リンクなしで上位表示することが可能なんですね。
但し、⑥部分で分かるようにドメイン年齢は古い方が有利なのは間違いないでしょう。
簡単に言えば歴史のあるサイトの下層ページでしっかりコンテンツを作りこんであるページが上位表示しやすいっていうところでしょうか?

ちなみに右の図は今から4年半前(2013年3月11日)のGoogleにおけるキーワード「お墓」での検索結果です。
赤枠で囲った部分はポータルサイトのTOPページで、当時はランキングページの半分を占めていました。
まだGoogleのスパム対策も徹底されていないこともあり、ページが多いサイトで被リンクが集まるTOPページが上位表示されることが多かったんですよね。

 

キーワード「遺産相続」

それでは業界が違うキーワードではどうなっているのでしょうか?こちらも葬儀の後に案件が生じることが多い「遺産相続」というキーワードで被リンクチェックツール(http://hanasakigani.jp/)を使った結果が以下となります。
遺産相続

⑦部を見ていただければわかるように、ランクインしている10ページのうちなんと6ページが被リンクが0となります。
またランクインしている10ページとも全て下層ページでサイトのTOPページは1個もありません。
どのページも遺産相続に関する知識系のページである部分は共通しています。

 

「被リンクなしでの上位表示は可能なのか?」まとめ

どんなビッグキーワードでも適応するかどうかはわかりませんが、ほとんどの場合は被リンクなしで上位表示できそうですね。
ただ被リンクが全く効果なくなったわけではなく、昔から例えでよく出される「出口」というキーワードの検索結果は以下のようになります。被リンクの力だけでYahoo!JAPANが検索結果不動の1位なんですね。(※)
5

確かに被リンクの効果は昔より薄くなったのは確かで、キーワードによるところもあると思いますが、被リンクなしで上位表示することは十分可能となりました。但し、検索結果は多様性を求めるようになったのでオーガニック検索で大量の流入を望むならコンテンツの多様性と充実を図ることが大事になりました。いたずらにページを増やすのではなくしっかりとターゲットキーワードに関する内容を盛り込んだページを作っていくことが今は一番のSEO対策となるのです。
 
 

(※)Yahoo! JAPANは紛れも無く日本で1番PVの多いポータルサイトです。そのため、アダルトを始め様々なサイトから「出口」というアンカーテキストでリンクが張られているためページ上で「出口」というキーワード表示がなくても上位表示されているのです。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 被リンクなしでの上位表示は可能なのか?
LINEで送る



関連記事

  • スマホからの流入がPCを超えた!
  • Google Analyticsで必要最低限見るべき項目
  • SEOの都市伝説
  • SEOか?リスティングか?
  • 「もっとモバイルフレンドリーに」ってなんですのん?
  • 2017年9月13日 | コメント/トラックバック(0) |

    カテゴリー:SEO一般

    トラックバック&コメント

    この投稿のトラックバックURL:

    コメントをどうぞ

    *

    このページの先頭へ