【検証】ソーシャルの評価とSEO

かつてYahoo!ブックマークやはてなブックマークなどは多く登録されることがSEO対策の一つだといわれていた時期があり、確かに効果を実感できた時期もありました。(特にYahoo!が独自アルゴリズムを使っていた頃のYahoo!検索においては)
2年ほど前のサイバーエージェントのSEOセミナーで木村賢さんもYahoo!ブックマークの数が検索順位と関連性がデータ上で証明されていることを言及していました。

しかし、その後Yahoo!がGoogleのアルゴリズムを利用するようになり、昨年にはYahoo!ブックマークも終了してソーシャルブックマーク自体のSEO効果を感じることはほとんどなくなりました。

ソーシャルブックマークの衰退と反比例して利用者数が増えたのが、SNS(Social Networking Service)です。代表的なものはTwitterやFacebookやGoogle+などですが、Googleの関係者もそれらのソーシャルボタンを押した人の多少で検索順位に影響がでるものではないといっています。
まあ現在でも、有料でFacebookページの「いいね!」やTwitterのフォロワーを増やすサービスが横行しているわけで、もしそれらの数が検索順位に影響を及ぼしたとしたらGoogleのメンツが丸つぶれになっちゃいますよね。

またTwitterやFacebookは投稿記事自体にリンクがあってもnofollowが付くようになっていて被リンクとしての効果はありません。(Google+のリンク枠からのURL掲載はnofollowが付きません)

しかしながら、Googleがビッグキーワードの検索結果で上位表示させるようなサイトなら作為的でなく自然にソーシャルを利用している方から評価されているのではないかと思いませんか?

ということで今回はキーワード「葬儀」「お墓」「仏壇」で上位表示しているサイトのソーシャルからの評価数を検証してみました。
ちなみに各数字ですがTwitterはツイートされた数、Facebookは「いいね!」の数、Google+は「+1」された数、はてなブックマークは登録された数となっています。

※検索順位とソーシャルの数値は2014年4月15日のものとなります。
 

の続きを読む »

2014年4月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:SNS

このページの先頭へ